サウンド・デザイナーは
  毎月9日発売です。


定期購読

バックナンバー(紙)

バックナンバー(電子)

今週号の読者プレゼント

ミュージシャンの部屋

新製品紹介

デモテープ募集

ご意見・お問い合わせ

スタッフ募集

メールマガジン

ツイッター

2007年11月号
Contents
曲が生き物のように動き出す!
エフェクトのオートメーション秘テクニック

プロのCDを聴いていると、ディレイが返ってくるタイミングが変化したり、音が目の前に急に飛び出してきたりと、たんにエフェクトをかけただけでは作れない効果が使われている。これらはエフェクトのパラメーターの動きをオートメーションで記録することで生み出されているのだ。オートメーションというと、ボリュームやパンだけにしか使っていない人も多いと思うが、実はエフェクトで使うことで、曲が命を与えられたかように、生き生きと躍動してくるのだ。ここではそんなエフェクトのオートメーションテクをたっぷりと紹介していこう!



 
 

2007年10月9日更新
このホームページの写真及び記事の無断使用は堅くお断りいたします。
Copyright (c) 2007 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.