サウンド・デザイナーは
  毎月9日発売です。

今週号の読者プレゼント

ミュージシャンの部屋

新製品紹介

デモテープ募集

ご意見・お問い合わせ

バックナンバー

過去の特集記事一覧

定期購読

LINK

スタッフ募集

メールマガジン

ツイッター



2008年3月号
Contents

プロが駆使するエフェクトの新常識!
MIXワザの手数が増える 「サイドチェイン」入門

ミックスの時にプロのエンジニアは実に様々なテクニックを駆使しているが、その中に「サイドチェイン」と呼ばれるものがある。宅録レベルで使っている人は少ないかもしれないが、プロの現場ではエフェクトのかかり具合に変化を持たせる際に登場する不可欠なワザなのだ。この特集では、そのサイドチェインについて、じっくりと紹介していこう。

プロ直伝!
サイドチェイン実践テクニック集

 上村 量
(エンジニア)


【P81】
テク1:キックとベースが同時に鳴る際のなじみの悪さを解消するワザ

・ベースへのコンプオフオン

テク2:キックのタイミングでパッドの音圧を下げる、ダフトパンク風ウネリ
・パッドへのコンプオフオン

【P82】
テク3:歌がなくなる部分のみにディレイをかけて歌詞を聴きやすくするワザ

・ディレイへのコンプオフオン

テク4:ローカットした音をコンプに送って、アコギの高音弦の響きをクリアにする
・アコギへのコンプオフオン

【P83】
テク5:全体に出過ぎたキックやベースのローを削って聴きやすくする

・マスタートラックへのコンプオフオン

テク6:パッドシンセのサウンドを、ハットのタイミングで細かく切り刻む!
・パッドへのゲートオフオン

【P84】
テク7:テク6に、さらにディレイを加えて飛び道具的なフレーズや効果を作る

・パッドへのゲート+ディレイオン


2008年2月9日更新
このホームページの写真及び記事の無断使用は堅くお断りいたします。
Copyright (c) 2007 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.