サウンド・デザイナーは
  毎月9日発売です。

今週号の読者プレゼント

ミュージシャンの部屋

新製品紹介

デモテープ募集

ご意見・お問い合わせ

バックナンバー

過去の特集記事一覧

定期購読

LINK

スタッフ募集

メールマガジン

ツイッター







2008年5月号
Contents

各パートのおいしい周波数が際立つ!
EQのベストセッティング

 レコーディングでは各工程で様々なエフェクトを使用するが、中でも大活躍するのが、「コンプ、EQ、ディレイ、リバーブ」だ。その中から今月は、前号で取り上げたコンプ同様に、エンジニアがあらゆる場面で使うという「EQ」に焦点を当てて、その基本的な役割とパラメーターの操作法、そしてプロが実際の作業で使っているパート別のセッティング例まで、EQに関するノウハウを一挙に紹介してみた。「パートごとのサウンドの分離が悪い」とか、「前面に出したい楽器がヌケてこない」という悩みを抱えている人には必見の特集だ!

▲特別講師:近 修氏(バズーカスタジオ)
 
Web連動コンテンツ(P64 - P66)
「プロのパート別EQセッティング」
マークの付いている写真/画像にカーソルを合わせると、どういった設定や操作を行なっているかが表示されます。また、マークをクリックすると音源が再生され、EQの使用前と使用後の違いを試聴して確認することができます。
【P64-65】
【P66】



2008年4月9日更新
このホームページの写真及び記事の無断使用は堅くお断りいたします。
Copyright (c) 2008 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.