サウンド・デザイナーは
  毎月9日発売です。

今週号の読者プレゼント

ミュージシャンの部屋

新製品紹介

デモテープ募集

ご意見・お問い合わせ

バックナンバー

過去の特集記事一覧

定期購読

LINK

スタッフ募集

メールマガジン

ツイッター



2009年2月号
Contents

「リズム」、「音使い」、「奏法」がわかればできる
ベーシストっぽいベースフレーズの作り方
     

   ギタリストが宅録でベースパートを録る場合、実際にエレキベースを手に取って録音するというケースが多いだろう。確かに、ギターが弾ければベースもある程度弾けるのだが、いざ演奏するとなると、ルート弾き以外にどんなフレーズを弾いたらいいのかがわからないということもあるのでは? この特集では、そんな宅録ギタリストに向けて、いかにもベーシストらしくベースが弾けてしまう、ベースラインの作り方をお届けしよう。これをマスターすれば、楽曲のクオリティもアップすること間違いなしだ!


▼クリックするとページが拡大表示され、音源が試聴できます。
●P.62-63
 
●P.64-65

     

●P.66-67

   
     


2009年1月9日更新
このホームページの写真及び記事の無断使用は堅くお断りいたします。
Copyright (c) 2009 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.