サウンド・デザイナーは
  毎月9日発売です。

今週号の読者プレゼント

ミュージシャンの部屋

新製品紹介

デモテープ募集

ご意見・お問い合わせ

バックナンバー

過去の特集記事一覧

定期購読

LINK

スタッフ募集

メールマガジン

ツイッター



2009年12月号
Contents

【Web連動企画】
プロはプレイと音色で録り方を変えている!

ギターの奏法別 録音&ミックステク

 「ギター録音」とひと口に言っても、ギターには「カッティング、ルートの刻み、アルペジオ」といった様々な奏法があり、それぞれに相応しい音作りをする必要がある。また、仮にベストなサウンドで録音したとしても、バックのオケに混ぜると、ギターが奥に引っ込んでしまったり、他のパートとダンゴ状態になってしまうという現象が起こりがちだ。そこでこの特集では、そういった奏法をフルに引き立たせるための、録音時の音作りのコツと、ミックスでギターの存在感をアップさせるワザをたっぷりと紹介しよう。
 

▼以下のページは、音源が試聴できます。

【P.55-57】[REC編]他のパートに負けない録音時のセッティング法/【P.59-61】[MIX編]ミックスでギタートラックを引き立たせる基本テク

▼本企画の特別講師陣

野村大輔(ギタリスト)

大西 航(エンジニア)




2009年11月6日更新
このホームページの写真及び記事の無断使用は堅くお断りいたします。
Copyright (c) 2009 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.