サウンド・デザイナーは
  毎月9日発売です。

今週号の読者プレゼント

ミュージシャンの部屋

新製品紹介

デモテープ募集

ご意見・お問い合わせ

バックナンバー

過去の特集記事一覧

定期購読

LINK

スタッフ募集

メールマガジン

ツイッター



2010年2月号
Contents

リアルなリズム隊が簡単に作れるテク満載!
今から始める「ドラム&ベース」トラック作り入門

 曲作りやギター録音を楽しむなら、やはり「ドラム&ベース」が必要不可欠! というわけで、この特集では打ち込み初心者の人でも、DAWソフトの内蔵音源を使って、簡単にリアルなリズム隊を作れる方法をたっぷりと紹介していこう。ドラム編では、打ち込み方法からグルーヴ感をアップさせるテクまで詳細に解説。また、ベース編では、エレキベースを太く迫力のある音で録る方法から打ち込みのベースを生っぽい音に仕上げる方法までお届けしよう。それでは早速、今からドラム&ベーストラック作りを始めてみよう!
 
 

Part1
ドラム&ベーストラックが速攻完成!
DAWソフトだけで思い通りのバックトラックが作れる!

Part2
自分に合ったリズムの作り方がわかる!
「ドラムトラック・メイキング」YES or NOタイプ診断

Part3
指ドラマーで打ち込みデビュー
リアルタイム入力の打ち込み手順とグルーヴ感を上げる方法

Part4
コツコツ完璧なリズムを打ち込む!
マウス入力の打ち込み手順とグルーヴ感を上げる方法

Part5
打ち込みをしないでも本格リズムが即完成!
オーディオ&MIDIループの編集に挑戦!!

Part6
よりドラムトラックをリアルにするマル秘テク
サードパーティ製のドラム音源でリズムのバリエーションを増やす!

Part7
〈ベース録音実践編〉
やっぱり自分で弾きたい!
エレキベースを太い音でレコーディングする方法

Part8
エレキベース顔負けのサウンドになる
打ち込みのベースを生っぽく聴かせるマル秘ポイント

Part9
ベースの前ノリ、後ノリで作り出す
ドラムとベースのコンビネーションでグルーヴ感をグッと上げる方法

Part10
プロのアレンジャーが明かす
グルーヴ感たっぷりのバックトラックを作り出すマル秘テク
(アレンジャー:鈴木Daichi秀行)


▼以下のページは、音源が試聴できます
P.43-52



2010年1月8日更新
このホームページの写真及び記事の無断使用は堅くお断りいたします。
Copyright (c) 2010 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.