サウンド・デザイナーは
  毎月9日発売です。

今週号の読者プレゼント

ミュージシャンの部屋

新製品紹介

デモテープ募集

ご意見・お問い合わせ

バックナンバー

過去の特集記事一覧

定期購読

LINK

スタッフ募集

メールマガジン

ツイッター



2010年7月号
Contents

ミスチルやバンプの曲がヒットするキメ手!
作曲センスが上がるエレキとアコギの重ね方

 歴代の音楽シーンを見渡してみても、ビートルズ、Mr.Children、BUMP OF CHICKEN、オアシス、イーグルス、アヴリル・ラヴィーン、シェリル・クロウなど、エレキとアコギが絡んで生まれるアンサンブルが曲の世界観を作り出し、多くの人達の心をとらえて大ヒットしている。そこで本特集では、エレキとアコギを絡ませる場合の「フレージング」、レコーディング時の「音作り」のポイント、そして録音した後のミックス時のエレキとアコギの「エフェクト処理とバランス」などについて解説していこう。プロの様々な楽曲で使われる定番のテクニックを宅録でも試してほしい。
 

▼以下のページは、音源が試聴できます。
P.37-41][P.43-45

2010年6月8日更新
このホームページの写真及び記事の無断使用は堅くお断りいたします。
Copyright (c) 2010 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.