サウンド・デザイナーは
  毎月9日発売です。

今週号の読者プレゼント

ミュージシャンの部屋

新製品紹介

デモテープ募集

ご意見・お問い合わせ

バックナンバー

過去の特集記事一覧

定期購読

LINK

スタッフ募集

メールマガジン

ツイッター



2010年7月号
Contents

フェーダー、パン、エフェクトの設定例を詳しく伝授!
低域がどっしり安定するドラム&ベースMIX術

 ロックやポップスにおいて、サウンドの大半を占める楽器、それがドラムとベースだ。たとえ歌がメインの曲であっても、ギンギンのロックやディスコナンバーであっても、ドラムとベースの聴かせ方が曲のクオリティを左右し、印象を決定付けている。そこで本特集では、あえてドラムとベースの2パートに焦点を絞り、そのミックスのポイントを徹底追求してみた。様々な音楽スタイルに対応できる、4つのテクニックをぜひともマスターしてほしい!

 


▼以下のページは、音源が試聴できます。
P.54-57][P.58-61

2010年6月8日更新
このホームページの写真及び記事の無断使用は堅くお断りいたします。
Copyright (c) 2010 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.