「“ギター&ベース”のうまい絡め方!」フレーズ&音作り(2010年9月号/P.32〜)


アルペジオに対するベースラインの3通りのアプローチ
テクニック
音源
     
1 ルートで安定感を出し、オブリでコード感を出すアプローチ
     
     
2 オクターブを移動する落差で緊張感を生み出すアプローチ 
     
     
3 ギターのアルペジオに相反するパーカッシブなスラッププレイ
     

ストロークに対するベースラインの3通りのアプローチ
テクニック
音源
     
1 ルート音とコードトーンで下降するベースラインを作る
     
     
2 4ビート的アプローチで同じコードでもジャズっぽい雰囲気に
     
     
3 ルート+5th+オクターブを使って、躍動感と華やかさを演出する
     

カッティングに対するベースラインの3通りのアプローチ
テクニック
音源
     
1 ギターの裏にアクセントを置いてリズムを勢いづけるパターン
     
     
2 低域でのウネリを聴かせるピック弾きのフレージング 
     
     
3 オクターブに渡るワイドレンジなフレージングでハーモニーを司る
     

歪みリフに対するベースラインの3通りのアプローチ
テクニック
音源
     
1 どっしりとした大陸的なダウンのみの8分ルート弾き
     
     
2 スケールを意識した2フィンガーによるプレイ 
     
     
3 スラップのみのサムピングでボトムを支えつつ動きを出す
     


「“ギター&ベース”のうまい絡め方!」MIXでの処理(2010年9月号/P41〜)


テクニック
ビフォー
アフター
     
A ギターのアルペジオ+ピック弾きのベース
     
     
B ギターのストローク+指弾きのベース
     
     
C ギターのカッティング+スラップベース
     
     
D ギターの歪みリフ+ピック弾きのベース
     



Copyright (c) 2010 SOUND DESIGNER. All Rights Reserved.